早期教育は本当に子どもの能力を伸ばせるの?

早期教育で、本当に大切なもって何だろう

超早期教育と幼児・就学前教育

胎教という言葉は昔からありました。
「胎児がいるときに火事を見ると赤あざの子が生まれる」などです。
これなどは、現代の感覚から言えば迷信と呼ばれる類に受け取られがちだと思います。
言い伝えというものは、科学的な証拠のあるものではなく、経験則ですので教訓と受け取った方がいいはずです。火事場にたたずむことは、日常生活よりは危険度が増すわけですし、母親が恐ろしい思いをすることは、赤ちゃんにとってはよろしくないホルモンが分泌されるわけですから、お腹の赤ちゃんに差しさわりがあるとも言えるわけです。教訓ですから、効き目があった方がいいわけですから「差しさわりがある」などというあいまいな言葉より、それなら気をつけよう。と思いやすくするために「赤あざ」という方便を使っていると考えるべきでしょう。
言い伝えというものが、科学的でない。と、一笑に付された時代もありましたが、科学が進むことで、まんざら間違いでもない。というような事柄もたくさん出てきています。

おばあちゃんの知恵というのは、非常にありがたいものではありますが、時代とともに環境が変わっていますので、そのまま生かすことはできにくく、応用が必要になります。科学的に証明されたことがおばあちゃんの知恵の応用にあたるものであれば、安心できるとも言えるわけです。
そのように考えると、科学の進歩のおかげで、きちんと根拠の示された早期教育を安心して与えられる時代がやってきたとも言えるのではないでしょうか。

迷うほどの情報量も、なんの心配もいらない

早期教育といった場合、小学校に上がる前の幼児を対象とする就学前教育だけでなく、胎児や乳児を対象としたものまで含まれるようです。 脳の発育の過程により、乳児と呼ばれる1歳くらいまでとそれ以降で違いが見られるため、超早期教育と幼児教育とに区別されているようです。

商業的なあおりに流されないために

さて、それでは才能を伸ばすための幼児教育について、その背景について探ってみましょう。 お子さんの健やかな成長を願うのは、だれしも同じだと思います。その方法はそれぞれ。 では、早期教育を導入する親御さんの動機は、いったいどんなものなのでしょうか。

してあげられることは、どんなこと?

多様化する社会で、無限の可能性を秘めるお子さんの才能を伸ばす。 答えも可能性も無限、それをチョイス、いやセレクトするのは親となります。 乳児はむろん、幼児にそれを任せることは不可能と言えます。しかし、幼児のころからチョイスの練習をさせることはよいことのようです。

おすすめリンク

名古屋にある幼児教室がスゴイ

海外で使っているカリキュラムを応用しています!名古屋のママさん必見!幼児教室の体験もやっています